テークバックアドレスの静止した状態からスイングを始動させるための重要な部分になります。

テークバックは低くまっすぐに動き出します

肩、腕、手、クラブを一体にして動き出すことをしっかり体に覚えこませてから
ヘッドを目標後方に動かせるようにします。

 

①肩、腕、手でできる三角形をキープする

 

動画

まずはクラブを持たずに動作を確認しましょう。

両手の平を合わせてアドレスの姿勢を作ります。
肩、腕、手で作った三角形をキープして三角形の頂点を右に移動します。

小さな動きですので初めにしっかりイメージしてから、ゆっくりと動作を確認しながら行ってください。

左手の甲、右手のひらをフェース面とイメージして行うととても良い練習になります。

両ひじの間にボールなど挟むと三角形をキープする意識が強くなり効果的です。

②手首を使わない動きを覚える

 

動画

手首を使うのを抑えることで一定したテークバックを行えます。

 

両手で挟んでテークバック

 

グリップを握らずに両手の平で挟むようにします。不安定なのでゆっくりと行ってください。

先ほどイメージした左手の甲、右手の平でフェース面をしっかりイメージして動かしましょう。

両脇、両肘が締まっていると安定します。

 

左手一本でテークバック

 

左手一本で握って練習します。

この時左手だけを意識するのではなくて、左肩、左腕、クラブまで一体にし、肩、胸を意識してヘッドを動かします。クラブの重さ、フェースの向きに集中して行うと体で動かすイメージができます。

 

右手一本でテークバック

 

右手はひじを体に近づけて、ひじが体から離れないように左手で抑えましょう。

そしてヘッドをゆっくりと体で動かします。左手一本で行ったときと同じようにクラブの重さ、フェースの向きに集中して行いましょう。

 

③ヘッドを目標後方に動かす練習をする

 

動画

実際にクラブを持ち、ヘッドを目標後方に動かす練習をします。

 

目標線に沿って障害物を置く

 

障害物があったほうが集中力が増します。
どこに意識を集中すれば良いかがわかってきますので、効果があります。

もし障害物に当たってしまうようでしたら、手でクラブを持ち上げようとしているか、グリップが体から離れようとしています。

グリップの力を抜いてゆっくり動かすようにしてください。

 

ヘッドの後ろに物を置いてそれをまっすぐに動かす

 

アドレスでセットしたクラブヘッドのバックフェース側に障害物を置きます。

ペットボトルや、ヘッドカバーなど少し重さのあるものを使いましょう。
その障害物をヘッドで後ろに真っ直ぐに押していきます。

手首をいきなり使ってヘッドを動かそうとすると、上手く障害物を動かせません。
ゆっくりと肩、腕、手、クラブを一体にしてゆっくり動かしましょう。
障害物の重さを感じながらヘッドで押すようにして動かします。

 

まとめ

 

テークバックがいかに大事かを理解することで、回り道せずに良いスイングを作ることが可能になります。

フェース面を変えずに、電車が発車するようにゆっくりとまっすぐ後方へ動き出すことを常に意識し、
繰り返し練習してテークバックを体で覚えてくださいね。

 

テークバックが理解できましたら次はバックスイングに進みましょう

↓↓↓↓↓

バックスイングの習得方法