グリップの基礎知識ができたら次はグリップを握るための手順を覚えていきましょう。

1.クラブのフェースの向きをしっかり確認します

まずはクラブフェースの向きをしっかり確認しましょう。
地面にソールを設置させてフェースを目標にむけます。
そしてフェースが正しく飛球線と直角になる向きを目で覚えます。

 

2.胸の前にクラブを立てます

フェースの向きを覚えたらクラブヘッドを上に向けて自分の胸の前でクラブを立てます。
この時に自分の胸の前、自分の目の前で先ほどクラブフェースが目標を向いていた状態と同じにします。

 

 

3.左手から握ります

右手で支えながら左手グリップを作っていきます。
自分の目の前で左手の向きをフェースの向きと合わせながら握っていきます。
左ひじを軽く内側に締めて握るのがいつも同じグリップを作るコツです。

 

4.右手を添えていきます

左手のグリップが完成したら、右手を横からグリップに添えていきます。
右ひじを軽く内側に締めながら添えていくと、いつも同じ形にしやすくなります。

5.両手の形を確認

右手を添えたらそのまま両手の形をよく確認します。とくに余計なゆるみがないか意識して整えてください。

6.フェースを目標に合わせてみる

両手で握ったグリップをそのままにしてクラブヘッドを下に向けて
ボールの右側にセットします。フェースが飛球線と直角になることを意識します。

 

慣れるまで繰り返しましょう

グリップの握る手順はオリジナルで良いですが、ゴルフを始めたばかりの場合は
まだグリップの形や強さが安定しません。
グリップの握る手順を意識して行うといつも同じ握り方をしやすくなり、
グリップの形や感覚を覚えやすくなります